コーナリング学

12118786_973702489346625_6511950806403206361_n

サイクルスポーツ12月号にて表紙モデルに起用して頂き、メインコンテンツのコーナリング学にてアドバイザーとして登場しております。

自転車でのコーナリングですが、自分で言うのもなんですが難しいです。
バイクの性能(タイヤやフォーク剛性といったスタビリティ部分)に頼る部分よりライダー側に依存する部分が大きく、コーナーで限界を超えてタイヤが滑った際にリカバリーがほぼ出来ない(ロード)とあって「限界がどこにあるのか」という事は、まず分らないと思っていい。ある意味、コケるかコケないかになるので「コケたから限界だった」という練習では身体がいくつあってもお金がいくらあっても足りない。あくまでも「限界付近」を知っておく事が本誌でも書かれているように「いつでも7~8割のコーナリングができる」事への余裕度を高められる。
1つや2つのコーナーだけなら速いライダーは多々います。それが複合コーナーになり、ブラインドやUターンに近いコーナー、路面が荒れたり濡れていると途端に遅くなるライダーが殆どです。それはそのコーナーを良く知っていて慣れているから上手く速く曲がれるというだけであって、そのコーナー限定になってしまっている。たぶん、何かしらの要素(道が広い、綺麗、視界が開けている、側溝が無い等々)がライダーに安心感を与えて速いスピードでも曲がる事を可能にしているのだと思う。
コーナリングはコーナーに入る手前の予測でほぼ決まるというのは、ロードよりもマウンテンバイクやシクロクロスの方が分かりやすいかもしれない。山の中のトレイルはコーナーの先はまず見えないと言ってよく、急斜面のコーナーを曲がった瞬間1メール先に巨大な倒木が道を塞いでる、車くらいの岩が落ちている、道が崩れて無くなっているといった状況は今まで多々有り、その際にどうするのか?という予測と実行力は鍛えられた。予測の引き出しの多さ、引き出しから最適解を瞬時に引き出す瞬発力、最適解を確実に実行するスキル&精神力が備わってくると、コケる事はまずなくなる。コケたとしてもコケた原因が全て理解できて、理論として説明できる。
何が起こってコケたのか理由がわからないという事は、それは限界を超えているという事でもあり「自分がどういう状態で何をしているのか、しようとしているか」という事を説明できるようになると、頭と体と心が一体化してくる。
そう言う意味でも1つのコーナーをラインを変え、スピードを変え、ブレーキングポイントを変え、重心位置を変えて何度も何度も反復練習すると1回1回のコーナリングで「なぜそうしたのか」、「なぜこうなったのか」という理由が自分の中で蓄積されていく。筋トレと同じで、動かす部分に意識を集中する事が大切で「今は何をしているのか」を常に考えて1回1回曲がる事が重要。
単純にスピードが怖いというのならば、同じ道で時速数キロずつスピードを上げていく反復かな。他には動体視力を鍛えるトレーニングは確立されているからそれで鍛えたり。
余談になるけど、私はスピードに対して鈍感というかあまり速さを感ない。自転車やスキーで時速100キロを超えても「ここで機材が壊れたら死ぬな~」ってな感じで自分がどうこうよりも機材のどうこうが気になる。たぶん、スピードが出ても周囲がハッキリ見えてどうなっているのかを理解して対応できるからなんだと思うが、不思議な事に、野球のボールとかが飛んで来るのは物凄く怖くて全く見えない。自分が速く動くのは良いのに、向こうから向かってくるのはダメ。推測だけど、自分で制御できない事に関してはダメなようで、ボールなどはその典型でワンバウンドした後に飛んでく方向なんて神のみぞ知る・・顔にブチ当たるかも・・と考えて必ず避けてしまう。
ん~~アレコレ考えすぎるのも良くないって事なのか・・・・

私が思うには、様々なショップにフラットペダルの付いたボロボロでもいいので練習用のロードレーサーが1台でもあれば、それで広場にでも行って後輪をロックして滑らせたり、ジャックナイフさせたりして、バイクの挙動を知ってもらい、バイクの上で自分が動く事の重要性を知ってもらう機会があれば、自爆して怪我をする確率が減るのではないかと思う。車だと雪国に住む人達は雪道で思いっきりブレーキ踏ませて滑る感覚とかブレーキの効きにくさを体感させる事をやったりする。それと同じ。自転車の場合は自分の高価なバイクでタイヤをロックさせるとかやりたくないですからね。
以前に私がレッスンで教えた内容として、修善寺のCSCにて左端から始めて1周毎に1Mずつラインを右に移していくというもの。走行ラインを固定する事によって同じCSCのコースが1周毎に少しずつ変化する。ヘアピンは特に難しいですね、ラインから外れて修正したりとやる事いっぱい。でもそれが凄く練習になります。応用力を養います。
こういった部分もソフトの提供という事でショップもメーカーもまだまだ需要はある気がします。

自転車にもある程度の「型」があると思うのですが、その型はロードに特化したもの、マウンテンに特化したもの、トラックに特化したもの、BMXに特化したもの、俯瞰して自転車とは?と哲学的に見た総合的なもの、奥が深い。

エコノミーを高める

12165892_910634449010775_1587043426_n

トライアスロンマガジン Lumina 11月号のメインコンテンツ、「退屈なラントレーニングをカラフルに」に登場しております。

トライアスリートもシティトレイル、トレイルランニングといった不整地や、全身のバランスを使ったり、路面に気を使う場所を走ろうよって内容です。
マラソンの世界ではケニア、エチオピア勢の活躍が凄まじく、近年の世界記録ラッシュ、上位の席巻はこの2カ国で行われている。この2カ国共に共通するのは、不整地を走る割合がとても高いという事。ライバルと競い合った際に、いわゆる持久力、筋力などが同等だとしたら、勝負が付く差はメンタルとランニングエコノミーになる。ランニングエコノミーとはエコ、経済性、節約、効率といった無駄やロスのない動きの事で、レベルが高くなればなるほどこのランエコの差が大きくなる。
このランエコを手軽に効果的に改善し、伸ばすのが不整地を走る事というのはマラソンの世界ではもはや常識で、中にはトラック練習は必要がないと言い切る世界トップ選手までいるという。
一歩一歩を考えて気を使うという事はロードでも同じだが、一歩を僅かにミスをした際のバランスの乱れやストライドの伸びなさなど、不整地の場合は些細な違いが大きく現れるので、体軸の傾きや膝の向き、着地からのリバウンドスピードといった事の違いが分かりやすい。分かりやすいという事は意識がしやすい。
こういった事を日々繰り返してると、ランエコが良くなっていく。

2015年のロードレース世界チャンピオンに輝いたサガン。最終局面、石畳の23番通りでアタックをしたサガンの走りを見ると、後続の選手と比べると圧倒的に上半身のブレが少なく、ペダルにパワーが綺麗に乗ってバイクがしっかりと進んでいる事がわかる。(ユーチューブで見て下さい)サガンはマウンテンバイク出身で、今も週に1日はマウンテンバイクに乗っているという。こういった地味な基礎の部分が世界選手権という舞台で大きく現れた。

バリバリにテクニックを磨いてハードなコースを走れるようになれって言っているのではなく、抜き足差し足忍び足。おしくらまんじゅうと同じです。押すだけではダメで、引くことを覚えて下さい。
路面がズルズル滑るのに力一杯ペダルを踏みつける。
コーナーで膨らんでしまった時にハンドルにしがみつく。
例えばこの2点は「押し」ている状態で、必要なことは「引く、抜く」こと。
ペダリングでの引き足の事ではなく、コーナーでハンドルを引く事でもない。各部位での動きだと思われがちだが、実際は全身を僅かに脱力、リラックスする事を指す。押し続けるから滑り続ける。押し続けるから違う方向に進む。必要な分だけ押して、それ以外は引く、抜く。
このポイントを体験しやすく分かりやすいのが不整地。この引く抜くの身体の使い方、ポイントを学ぶのに不整地が良いよって事です。

アジア大会へ!

10月3日~11日の日程にて台湾の桃園周辺にて「第8回アジア太平洋ろう者競技大会」
(8TH ASIA PACIFIC DEAF GAMES)が開催されます。

http://2015.apdeafsports.tw/Modules/Home/Index.asp?Lang=en

12競技が行われ、自転車競技もその1つとなっております。
自転車競技種目は4種目あり、10月4日に1000mスプリント(勝ち抜き戦)、5日に35km個人タイムトライアル、7日に100km個人ロードレース、9日に50kmポイントレースが行われます。
桃園周辺のレース会場は、ロードレースとタイムトライアルは高速道路を封鎖してのレイアウト、スプリントとポイントレースは青塘園という公園の周囲を回るもので、共に平坦基調のスピードコースです。
日本代表選手は下記5人です。
早瀬憲太郎
川野健太
得利雄介
長濱圭吾
野崎勝利
スタッフは私が監督、事務&医療、マッサーの3人。

私は昨年より監督に就任し、選手達と共に幾度も合宿を重ね、選考会を経て日本代表が決まりました。
今年からはJBCFへのチーム登録を行い、半年も経たずにE1で優勝争いをするまでに成長をしています。
チーム全体としてはまだまだこれからのチームですが、昨年に同じく台湾にて行われたデフ・ツールド台湾という台湾をグルッと1周回るステージレースを経験してからの選手達の成長は目覚しく、今回のアジア大会は各々の持ち味を存分に発揮してくれるでしょう。

日本から叱咤激励宜しくお願い致します!

12080154_904383456302541_4580578453469774380_o

12063713_904383342969219_3378701446478981919_n
9月30日読売新聞

自分を知る

今年に入ってから、知りたい事があって私の行うプライベートレッスンで色々と実験的な事を繰り返してきた。
どのようなことを繰り返してきたのかというと「自身が感じる位置や動きの違い」について。
対象は初心者ではなく、自転車歴3年以上、自転車を競技として行っているライダー。

自転車でのポジションや走り方というものは自身の動きと、自転車の各部分のセッティングによって決まってくる。
自身の動きとセッティング、このどちらが重要なのか?どちらが先なのか?
この回答は世界レベルの有識者(自転車エンジニア、人間工学、スポーツ医学、コーチ、監督、選手)に聞いてきても、イマイチはっきりとした答えが出てこない。近年隆盛を極める各種のフィッティングにしても、フィッティングを大々的に売るメーカーからエアロダイナミクスに優れたバイクが発表されて見てみると、ハンドルとステムが一体型でセッティングが自在に行えない。矛盾しているが、どちらが正義なのか?バイクに動きを合わせるのか、動きにバイクを合わせるのか。卵が先か鶏が先か。

この部分を知りたかった。
私個人の現場レベルでの結論でしかないが、大手メーカーは売り上げの為に色々と販売戦略があるんだな、と。以下自粛。

残念な事に、スクールやフィッティングでポジションや乗り方を教えてもらっても「それを覚えて維持できる」、または「モノにする為に日々繰り返す」事が出来る人ってのは相当に身体能力が高かったり自分に敏感な人、努力が出来る人。ほとんどの人が「違いが判らない」か「元に戻ってしまう」。
違いが判らないというのは、フィッティングして「これでバッチリです!」と強めに言うと「おぉ~乗りやすい!」と反応が返ってきて、「もう少し煮詰めたいので」と言って、バレないように元のセッティングに戻して乗ってもらい「どうですか?」と聞くと「さっきよりしっくしくる!」と答えたり。
かなり敏感な方でない限り、サドルの前後位置5ミリの違いはまずわかりません。
その日の肉体の状態や、フィッティングを受けるという緊張感から、感覚が雑で薄くなっている事がある。そんな中で5ミリの差を判断しろってのは厳しい。

良いポジションに良い乗り方。良い方向性や形を示す事は、実は簡単です。少し勉強をすれば良い形ってものがわかるので、それに当てはめてやればいい。
しかし、教えてもその方向性や形をなかなか維持できません。
それはなぜか?「現状の方向性や形をわかってないから」です。
地図を見て目的地に行くという事を例えると、自分の現在位置に向いている方向が分からなければ、目的地に行く事はできませんよね。まずは自分がどこにいて、どっちを向いているかを知らなければ、いくら理想な方向性や形を示しても暗中模索してしまう。ポジションに乗り方も同じ。自分の今のポジションに乗り方を理解してから理想のポジションに形を取り入れると「違い」をハッキリと自覚して、強く意識を持てます。
水泳のように全く支持するものが無い場合では自身の感覚を磨くという部分が物凄く重要視されますが、自転車では各部分のセッティングによって自身の感覚に関係なく強制的にポジションが決定される。こういった感覚の部分っていうのは全てに繋がっていて、土壁を塗る左官職人がブラケットの左右の僅かな高さの違いにすぐに気が付いたり、寿司屋の大将がビンディングのリリース硬さの少しの左右差を気持ち悪がったり。日頃から感覚を磨いている人は対象が自転車になったとしても、その感受性は受け継がれていることが多い。
自分がどう動いて、どう乗っているのか。まずはこの部分をしっかりと知り、その後にフィッティングがあり乗り方があるのだと思う。とはいっても自分を知るには時間が掛かり、石の上にも三年ということわざがある。本当にこれに尽きると思う。今はネットで多くの情報が手に入り、知識がアレもコレも増える。そうなると少しでも自分に合わないと感じるとサッサと止めて次の方法に移ってしまう。ちゃんと身になるまで三年掛かる方法だが、効果が見えてくるのは二年半を越えた辺りから・・・という事もザラにある。スクールで様々な事を教えて、パッと見は出来るようになっている方は沢山いるが、それは表面だけで、状況やスピードやバイクが変わってもいつでも確実に出来るようになってはいなくて、その日のその場だけの「限定的な出来る」事がほとんど。動作を真似て同じ様な動きをするのは簡単に出来ても、感覚として身に付けるには石の上にも三年。

感覚が磨かれば同じ自転車もブランニューになる。これは凄く楽しいです。

※感覚が良いと、トレランでも河川敷のような石が動くガレ場での着地点の路面の良し悪しは関係無くなり、自分の動きの影響の方が大きくなる。Photo by 山中基嘉

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMG_3994

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・IMG_4059

スバル トレイルジャム レポート

11951185_891156457625241_3760243607593531786_n

大会名・・スバルトレイルジャム
場所・・ふじてんリゾート/山梨県
日時・・9月5日
天候・・晴れ

使用機材
・フレーム・・MERIDA ビッグナイン7000
・ホイル・・MAVIC クロスマックスSL29
・ペダル・・MAVIC クロスマックスSL TI
・タイヤ・・IRC F.ミトス、R.ミブロマラソン F&R 1.6気圧
・ハンドル・・TIOGA ロングホーンカーボンフラット
・ステム・・TIOGA ALナイン
・シートポスト・・TIOGA セプターカーボン
・サドル・・TIOGA スパイダーアウトランド
・グリップ・・ERGON GS1
・バイクシューズ・・MAVIC フーリーXC
・ランシューズ・・SLOMON スピードクロス3
・サングラス・・SWANS STRIX・H
・ヘルメット・・MAVIC CXRアルチメイト
・オイル・・FINISH LINE セラミックウェットルブ
・SEV アスリートデバイス
・心拍計・・SUUNTO アンビット3
・バッグ・・CRUMPLER
・インソール・・SIDAS バイクプラス&スパイク
・ニューハレ

昨年から新たに加わったカテゴリーである「キングオブトレイルジャム」という種目。

MTB3時間耐久、トレイルランニング15キロ、シクロクロス30分の合計ポイントで競い合うという現在の日本で最も過酷と思われるレース。今年はMTBが2時間30分、トレランが13キロ程に短くなったものの、その分スピードは上がるので結局はキツさは変わらないという、、、昨年に優勝を果たしたので今年はゲストとして大会に参戦。

昨年と打って変わって快晴のふじてん。緑のゲレンデの奥には霊峰富士がこちらに襲いかからんばかりにそびえている。

朝一の8時にMTB耐久がスタート。ここのコースは上りの路面が芝生でフカフカでメチャクチャ重くて、スピードに全く乗らない地足勝負。そんなコースなので最初から飛ばしてくと後半に響くというよりトレランの足が無くなる。心拍をMAXの85%以内に抑えてペースを刻んで行くが、心拍数を守っていても路面の重さで筋力がどんどん削られていく。キングクラスだけではなく、全てのチームを含めてトップを快走していたが徐々に足が重くなって回転数が落ちていったが、ラップタイムは20秒程のプラマイでまとめてトップでMTB耐久を終えた。

10時30分にMTB耐久を終えて1時間後にトレランがスタート。

スキー場の一番下から一番上まで上ってから半分まで下って、再度一番上まで上って一番下まで一気に下ってくるゲレンデ直登レイアウトを3周。スタート直後から、フルマラソンを2時間15分程で走る選手達がいたのでそのペースに引っ張られる感じでトレランのみの参加の選手達がゲレンデをダッシュ気味で登っていくが、こちらはマイペース。10分もしたらバラけてきたから少しずつ落ちてきた選手を抜いていった。下りはすでに踏ん張りが効かないので小股でリズムを作って飛ばしすぎないように自制、、、というかもう足が無い。2周目に入ってペースが若干落ちているが前後の選手も同じ感じで落ちているので焦らずマイペース。キングクラスではトップを走っているが、後続に様々なトレランレースで入賞しているトレランの強い選手がいるので追い付かれないように所々で振り返りながら差を確認。3周目は足が本格的に終了してしまい、上りはヨチヨチ、下りはドタバタ走りで振動が脳天まで響いてくる始末。何とかキングクラスでトップでフィニッシュし、トレラン全体では6位。

最後はシクロクロス30分。最後の最後でハイスピードのレースを持ってくる辺り主催者のドMぶりが伺える。疲れすぎてジェルの補給を取るのがやっとで、固形物は気持ち悪くてやっとこさ少々食べた。シクロクロスのレイアウトはMTB耐久のほぼ逆回りでMTBレースそのものだが、スタート地点にはクロスバイクとMTBが半々程。スタートから先手必勝!とばかりにフル加速して虚を突いて先行。そこで追ってくる選手を判別してから足を緩めて今度は後ろから走りを観察。3番手で上りに入り、加速すれば付いて来られないと判断したので再加速。一気に差を広げてそのまま巡航開始。後続とは徐々に差を付けて行っているが、こちらもギアが1枚軽くなり、コーナーからの立ち上がりの加速が遅くて短い。ラスト1周はヘロヘロになりながらもキングと総合でもトップでフィニッシュ。

全種目を終えてやり切った感がハンパない!
ここまで疲れ切るレースが日本でも開催されている事が嬉しい!?

トレイルジャムはキッズレース、親子トレラン、ランニングバイク、富士五湖サイクリング、
ヨガにスラックラインにボルダリングとファミリーでアウトドア丸一日楽しめるホットなイベントでした!