レンバウ チャレンジ レポート

12355152_938563002884586_1209935231_n

12346719_938563049551248_718970923_n

大会名・・Rembau Challenge 2015
場所・・レンバウ/マレーシア
日時・・11月29日
天候・・晴れ

使用機材
・フレーム・・MERIDA ビッグナイン7000
・ホイル・・MAVIC クロスマックスSL29
・ペダル・・MAVIC クロスマックスSL TI
・タイヤ・・IRC F&R ミトス F&R 1.8気圧
・ハンドル・・TIOGA ロングホーンカーボンフラット
・ステム・・TIOGA ALナイン
・シートポスト・・TIOGA セプターカーボン
・サドル・・TIOGA スパイダーツインテール2
・グリップ・・ERGON GS1
・バイクシューズ・・MAVIC フーリーXC
・ランシューズ・・SLOMON S-LAB X セリエ
・ハイドレーション・・SALOMON スキンプロ14+3
・サングラス・・SWANS STRIX・H
・ヘルメット・・MAVIC コスミックアルチメイト
・オイル・・FINISH LINE セラミックウェットルブ
・SEV アスリートデバイス
・心拍計・・SUUNTO アンビット3
・バッグ・・CRUMPLER
・インソール・・SIDAS バイクプラス&スパイク
・ニューハレ

昨年に引き続き、マレーシアのレンバウという街で行われるアドベンチャーレースに参戦。

MTB、トレイルラン、カヤック、チュービング、バイアスロンを13回に渡って組み合わされており、総距離は100Km。男子ペアのクラスと男女ペアのクラスがあり、僕はXTERRA女子日本チャンピオンのキャリー・ミエコさんとタッグを組んだ。

アドベンチャーレースと名が付いているが、コンパスを使っての地図読みは無く、テントを持つオーバーナイト(一昼夜)でもなく、スピードが重要になってくるマルチスポーツのジャンルなので、根本的なスピードのあるミエコさんとのタッグは日本最強ペアだと自負してマレーシアに乗り込んだ。

今年もプロクラスにはアドベンチャーレースの世界チャンプであるスウェーデンのTEAM THULE(スーリー)を始め、フランス、ニュージーランド、オーストラリア、台湾、香港、タイ、地元マレーシアからは持久系に強い軍人が多く参加。日本円で賞金が450万円程という事もあって各国からプロアドベンチャーレーサーが来ていた。

説明会では昨年より40%キツくなっているとの説明が・・・ランの距離が増え、MTBでのトレイルが増え、デュアスロン(片方がMTBで片方がラン)が追加されていた。
当初の発表とは変わってスタートは1500Mのランから始まり、バイクに入る。という事はスタートのランで前にいないとバイクで速い集団に入れない事を意味している。

レース当日、やはりマレーシア、気温が高く蒸しているので水分と電解質をタップリ取ってスタートに並んだ。非常に大きなイベントという事もあって県知事クラスのお偉いさんが軍隊に囲まれて登場し「頑張れよ」的な言葉を頂いた。
そしてスタート。
ちょうどキロ4分のスピードで走っていたが、スーリーを含む世界レベルのチームは男女ペアクラスなのに一気に離れていった。トップから40秒程遅れてバイクに入ったが先頭集団はジワジワ離れて行っている。一気に追い付きたい所だがミエコさんを置いて行ってはいけないし、全力になってしまうペースで先頭を引いたら前半で潰れてしまうのでミエコさんの85%程の強度になる感じで進んだ。

1度目のトレランに入り、上げ過ぎないように心拍を見ているが、どういう訳か体感強度とは打って変わって心拍数がとても高い。暑さによるものだろうから水分を多めに取って対処。バイクに戻って走り出すが、牧草地をひたすら進む中で前日の雨によって水牛のウンコが柔らかくなっており、そこら中に落ちていて避けようもなくタイヤが巻き上げるウンコを全身に浴びながら走った。とても臭いがアジアでのレースはそんなもんだ。

2度目のトレランへ。山の山頂まで標高差700Mを直登するレイアウトだが、登り始めた瞬間からどうにも身体が重くて動かない。心拍も異常に速い。何とかミエコさんに付いて行っている感じで、大きな段差が続く箇所では辛すぎて遅れそうに何度もなった。水分を取りながら濃い電解質を大量に取ったりしながら何とか山頂へ。そこからも一気に下って山場の90分のトレランが終わり再度バイクへ。この頃にはもう身体が言う事を聞かなくなっており、全くペースが上がらない。アスファルトの平坦で20数キロしかスピードが出ていなかった。後から聞いた話ではミエコさんも吐き気と戦っていたようでこの時点で止めたかったと・・・。

MTBでのトレイルが25キロだが、直射日光がサンサンと降り注ぐ箇所が多く、インナーローのギアに入ってヨタヨタになってしまっていた。飲み物が受け付けなくなり飲んでは吐いての繰り返しで、目の焦点も上手く合わない感じで何となくの感覚でトレイルを下っていた。足の痙攣が出ており、少し力むと一気に攣りそうで恐る恐るのペダリング。残り7キロ位でミエコさんが復活したので先頭を引いてもらっている時に、何と両足が一気に攣ってしまい何も出来ぬまま道路横の草地にバイクに跨ったまま真横に落車した。そしたら全身が痙攣して首や指まで痙攣して激痛で全く動かせず、全身が硬直したまま呻くことしか出来なかった。そしたら周囲の村人や警察が集まってきて色々な物を差し出してくれたが何も受け取れない。口まで固まって上手く喋られない。そのまま15分ほど倒れていたら徐々に痙攣が解け、這って水を飲んで冷水を全身に浴びた。
「こんな事になったのは初めてだしもう止めよう」と頭の中では考えていたのに、体はバイクに跨ろうとしていた。今思い返しても、無意識でこういう行動を取るんだってビックリしている。
普通のスポーツならスタッフからの強制終了を告げられるような状況だが、ここはアジアでアドベンチャーレース。選手が止めると言わない限りレースは続けられる。
そこからも攣りまくりで激痛との戦いだったが何とかカヤックにたどり着いた。バイクを置いてカヤック乗り場まで2キロのラン。しかし走れないので足を引きずってゆっくり歩いた。

臭いが刺激的で素敵なまっ茶色のドブ川だが、とにかく全身を冷やしたい一心で川に飛び込んだ。カヤックに乗り込むが、最初のうちは足が攣ってカヤックの上で悶絶していたが、次第に痙攣は収まり、今度は上半身が攣ったり・・・。流れのほとんどない川を10キロ、約1時間のカヤッキング。普段から泳いでいるので背中の筋肉的には問題がないが、腰が痛くなるのはどうしようもなく、ひたすら耐えながら10キロを漕ぎ切った。

次はバイクになり、7割りがアスファルトの21キロ。照りつける太陽とアスファルトの反射がエンプティの体力を更に削っていく。所々に楽しい下りもあったが、こんな状態では楽しめなかったのが残念。。。次はチュービング2キロ。車のチューブを浮き輪として使って、浅い川を進んでいく。膝上程の水深なので歩こうとすると物凄い負荷があり、チューブに腹這いになって地面を蹴ったり手で掻くのが効率よく進んだ。しかし臭い川の水しぶきが容赦なく口に入ってくるが、いちいち気にしていられない。チュービングが終わったらそのチューブを持ってのラン3キロ。ハイドレーションバッグを背負いヘルメットを被っているので、この暑さといったらたまらない。

そしてバイアスロンを4キロ。僕は歩く事しか出来ないのでミエコさんに9割りランをしてもらった。2人分のハイドレーションを持ってバイクで先回りしてバイクを路肩に置き、ランでバイクに追い付いたらバイクに乗ってまた先回りの繰り返し。

そして遂にゴール地点が見えてきた。バイクを置いて残り1キロのラン。
最後は走ろうと思って歩くようなスピードで走ってフィニッシュをくぐった。

男女ペアクラスで4位、8時間30分のレースは幕を閉じた。

25年程の競技人生で、1番辛かったレースになりました。単純に体調がイマイチで日本と気温差がある中というのも重なって序盤に潰れてしまったのだろうが、ミエコさんに迷惑を掛けっぱなしになったし、トップを目指してマレーシアに来たのに本当に申し訳なかった。

翌日、KLまで主催者の車に同乗させてもらい話している中でレースディレクターから「来年はもっとタフにするよ!」と笑顔で言われたが、僕は「・・もういいよこのままで・・」と真顔で答えていました。

レース後から1週間の間、肝機能に障害が出て微熱が続き、血液検査でCPKの値が高いまま下がらず疲れが取れなかった。チームスポーツは自分一人ではないから無理をしてしまう。

チームスポーツの怖さを理解したレースでもありました。

コメントは受け付けていません。