タイヤ引き

11039836_841236512617236_6410185268665208472_n

見た事のある方も多いと思う競輪選手のよるタイヤ引き。

スポ根や原始的な練習だと思われがちだが、私は効果的な練習方法だと考えている。斯く言う私も長野県に住んでいた頃はタイヤを引いていた。なかなかこの練習のミソ、ポイントを見い出せずに止めてしまう選手も多いと聞くし、ハナっから古臭いと手を付けない選手もいるようだ。
まず、踏み切りのトラックで行う事が重要です。通常のロードレーサーやマウンテンバイクのフリーのギア付きでは、ペダリングが下手だと僅かな空走があったり、そもそもダイレクト感がトラック(チェーン&チェーンリングの差が大きい)とは雲泥の差なので、負荷の掛かり方が一定に出来て、誤魔化せないトラックがベースとなる。
よく理解せずにこの練習を始めると、とにかく速く走ろうとしてしまう場合が多い。しかしポイントは違って、踏み遅れない、下支点で止めないが基本にあって、遅れたり止まるとチェーンの緩みだけではなく引いているタイヤも失速するので、そこからのペダリングが一気に重くなる。このペダルに掛かる重さが常に均一になるように、等速でタイヤを引くとタイヤと路面が擦れる音がズーーーーーーーと同じ音が響く。下手だとズッズズッーズッズといったようにペダリングの上支点と下支点の苦手な方で音が途切れる。ググググググッと重量物を等速で引っ張るにはペダリングよりも上半身の使い方が更に重要になり、ハンドルを引いたり重心の位置が悪いとバイクがタイヤに引っ張られるような感じが出る。私は競輪選手ほどの脚力や上半身は無いのでタイヤの動きに翻弄される事が多々あった。
以前にこのブログでも書いたが、踏んでいる方向が定まらずトルク感の無いシャカシャカとケイデンスが高いだけのペダリングのライダーがタイヤを引くと、笑ってしまうほどに引けない。パンチャーやアタッカー、ロングのトライアスロンではこのトルクを出す走りが身に付くと、向かい風やイッパイイッパイの中でも低ケイデンスでスピードの維持がしやすくなる。
タイヤ引きと同じ事を固定ローラーで行おうとしてもなかなか上手くできない。それはローラーがタイヤを押し付けて止めようとする力で抵抗を掛けているからで、重量物を引っ張るのとは根本的に体への負荷の掛かり方が違い、ローラーでは踏み踏みなペダリングであったとしてもペダルは回ってしまうし、等速かどうかの判断が付きにくい。
昔にミノウラからトラックマグというシートステー(リヤブレーキの位置)に取り付ける固定ローラーのローラー部分だけの物があり、これが何とも素晴らしいトレーニング機材であったが、現在は売っていない。これで負荷を掛けてやれば時速45キロと同じ負荷が30キロにも満たないスピードで行えるので、実は物凄く安全に高負荷練習が出来るのだった。現代の交通ルールとバイクに合うようにアップデートをしての再販を期待!
小話として、タイヤ引きはバンクの下で行う事も多くあり、嘘か本当か、タイヤを引きながら全力でモガいたら遠心力でタイヤがバンクの上に上がって行き、タイヤの勢いが強すぎて引っ張られて落車してしまった選手がいるとかいないとか・・・。

やったらダメ、意味がない、とか色々と否定的な意見も多い「うさぎ跳び」ですが、ちゃんと理解して正確に行えば本当に効果のあるトレーニングになる。腹筋に力を入れて、つま先の向きと膝の向きを揃えるだけでも膝への負担は減る。昔ながらの練習というのは体を壊すとか、スポ根だと思われがちだが、科学の進歩、情報の共有によって数年前は世界のトップだけが知る未知の内容だったものが一般レベルまで降りてくるのと同じように、昔は才能があったり努力ができた選手だけが知り得ていて、そこにいなかった選手は伸びなかったり、故障したり。それで「あのトレーニングは意味がない、壊れる」といった事になったのだと思う。現代はネットで調べると多くの情報が出てくるし、書籍にしても海外の物が簡単に手に入る。オンラインでコーチングとかメニュー作成とか本当に多岐に渡っている。でも、最後は練習をする本人が正確にちゃんとやるかどうか。古いも新しいも実はそんなに差はないと思います。

コメントは受け付けていません。