湘南クロス レポート

10923577_941786499166344_6753189980161121151_n

10940994_941787992499528_8732780985585229561_n

10906335_645292095596447_527145878524996781_n

大会名・・湘南シクロクロス
場所・・開成水辺スポーツ公園/神奈川県
日時・・1月25日
天候・・晴れ

使用機材
・フレーム・・CENTURION  シクロクロス4000
・ホイル・・MAVIC キシリウムプロディスク
・タイヤ・・IRC シラクCX  1.7気圧
・ステム・・TIOGA ALナイン
・シートポスト・・TIOGA カーボシートポスト
・サドル・・TIOGA スパイダープロトタイプ 
・バイクシューズ・・MAVIC フーリーXC
・ペダル・・MAVIC クロスマックスSLR
・サングラス・・SWANS ストリックスアイ
・ヘルメット・・MAVIC CXRアルティメイト
・スポーツサプリメント VESPA ハイパー
・オイル・・FINISH LINE セラミックウェットルブ
・SEV アスリートデバイス
・心拍計・・SUUNTO アンビット2
・バッグ・・CRUMPLER
・インソール・・SIDAS バイクプラス
・テーピング New-HALE

1年ぶりのシクロクロス。年に1~2回の出場がここ数年の流れであったが、近年のクロスの盛り上がりを受けて遅ればせながらシーズン後半にレース参戦。
自分の今のカテゴリーが、カテゴリー1(C1、日本最高峰カテゴリー)にランクされていることを調べて確認する事から始まるという・・そしてバイクを用意してポジションを出してバイクに慣れてすぐさまレース本番でした。

クロスはレース時間が約60分。1周目のタイムから60分前後になるように周回数が決定される。コースはド平坦、芝生と土と水を撒いて少し泥になった路面の繰り返しで、半分近くがクネクネのコーナーの連続というハイスピードとコーナーの立ち上がりの速さが試されるレイアウト。ウォームアップでは足がクルクル軽く回ったので調子は・・悪くない、ただ心配なのはクロスに耐えられる強度の練習をしていないので酸欠のまま乳酸がドバドバ出る中を60分耐えられるのかどうか。
スタート位置は後方、半分は広いコースなので抜けるが、逆の半分は抜きにくいのでスタート後は無理にでも前に上がって行きたい。スタート後はライダーの間を縫うようにスルっと前に出ていき、先頭が見える15番手程まで上がってクネクネゾーンへ。周囲は全力で踏んできた後だったからかミスの連発でストップ&ゴーを余儀なくされた。開けた所で1人1人抜いていき、直線ではパックを一気に抜いていくが後ろに付いてこられては意味がないので、ダッシュで抜いていったが数回繰り返したらもう限界。3人のパックに追い付いたら先頭は1人で抜け出ていたが、もうキツすぎてどうにもならなかったので2周ほどパックで足の回復を待った。回復したところでキレは無かったが一気にパックの先頭に出てトップを追った。後ろはすぐに10秒ほど離れたので単独でトップを追うが、こちらはもうスピードの維持も出来なくなってきて徐々にスピードが落ちてきた。毎周5秒ずつ差をつけられながらも2位は死守したいと思い、後続は2人パックなので踏める直線でコチラも踏んで差を維持して、クネクネゾーンでは息を整えながらミスをしないように冷静に。ラスト1周のジャンを聞いて安心したのか3回のミスをして足を付くというオフシーズン真っ盛りなダメな走りっぷりに苦笑。
後続から逃げ切って何とか2位でフィニッシュ。
数ヶ月ぶりのハイスピードレースを走って過呼吸みたいなってしばらく咳が止まらないし、酸欠で頭が痛くて気持悪くなってしまった。しかし強制的にシーズンインに向けた高強度の走りができてとても良い1日でした。

Photo by シクロワイアード