インソールの重要性

DCIM0484

DCIM0488

DCIM0486

ずいぶんと長くインソールのサポートをして頂いているシダスへ。
足裏に合わせて成型してもらうのだが、身体の痛みの改善だったり、クセを直すとか、動かしたい方向、または固めたい等の細かな要望をインソール1つに込めて作成して頂ける。私はO脚気味で膝が開いてしまっているし、大腿四頭筋が強くて踏み過ぎるクセがあり、昔から腸脛靭帯が痛む事が多くあった。マッサージや鍼で腸脛靭帯を緩め、シダスを使用して少しだけ足を真っ直ぐ振り下ろせるように持っていく事によって痛みの予防になり、痛みが酷くなって走られなくなった事は今までなかった。痛みに対しては休むって事が一番効果があるが、休んでばかりいてはいつまで経ってもパフォーマンスは上がっていかない、練習が出来なくなるまで酷くさせないというこの兼ね合いを上手く保ってくれるのがシダスなんだと思う。

ロードで長距離を走る場合はラチェットやベルクロをあまり強く締めるのは好きではない。でも締めないと足がシューズ内で遊んでしまう場合があるが、これもシダスで解決している。引き足の時に足裏に吸い付くようにシューズが引っ付いてくる感じがあり、引き足の動きが非常に軽く感じられる。これはマドン7で感じられる引き足の時にアシストが効いているかのようなものに近いだろう。
昨年の写真になるが、トライアスロンのバイクパートではラチェットを締める手間というか時間短縮の為にラチェットを締めずにベルクロ2本でバイクパートを走り切った。(トラ用シューズを用意しなかった自分が悪いという話は置いておいて)コースはタイトコーナーの多いレイアウトで、立ち上がりの加速でダンシングを多用したが踵が大きく浮いてしまう事が無くペダリングが出来ていた。

970592_482308418510049_94009140_n
Photo by 早川学

最近ではカント(足裏に角度を付ける、多くは親指側を高くする)があらかじめ付いているシューズやインソールが出ているが、左右差の考慮や微妙な角度が付いた物は無く、既製品ならではの大雑把な物が多い。何でもかんでもカントを付ければ良いのではなく、足裏の形からその上に乗っている身体の状態を見て、良い方向に改善して行く要素も含まれたのがカスタムで成型するインソールの強み。
膝の動きの軌跡が真っ直ぐが絶対に良いわけではなく、あくまでも膝痛があるライダーはペダリング中に膝がブレている事が多いという統計上の事で、カントを付けて軌跡が真っ直ぐになるように矯正したら痛くなったという話もチラホラ聞くので足の専門家に指示を仰ぐなど十分に気を付けてもらいたい。