合宿3日目

IMG_20130709_204953
「八ヶ岳を見ながら追い込む」

合宿3日目。疲労困憊の朝。朝から元気が無く無言で生きる屍。

今日は午前と午後の2部練。午前は富士見高原までアップを兼ねて上がって、標高1000m程の高原で暑さを避けつつ、車が少なく信号の無いアップダウンをローテーションしながら40キロ程を高速で走るというメニュー。先頭は2分固定で、レースの巡航に入った時のペースを維持。今日は5人での練習だったので8分に1回、自分の番が回ってくる。スタートは日本一のスピードマン小野寺選手が超絶速いスタートダッシュで走り出したので私はその時点で付き切れ寸前になり、2番手の斉藤選手に変わって登りに入って行ったら、我慢できなくなってブチンと千切れそうになったので、後ろにいる小野寺選手を先に行かそうと振り向いたら小野寺選手も切れてるし・・・で、私も切れ、前に居た松本選手も切れ、個人TTになってしまった。
片道13キロが終わったので、一度止まってメニューの意味と行い方を擦り合せてから再度スタート。注意点は①一気に上げない。②登りで踏み過ぎない。の簡単な2点だったが、これを守るだけで先頭はレースペースで一定に走れ、、後続はミディアム前後のペース走になり、先頭を引いた後は後ろに下がってもある程度の負荷が掛ったままで乳酸を代謝させないといけない。それの繰り返し。これが常に一杯一杯だったり、後ろに下がった時に楽過ぎては効果が薄い。
復路は上手くまとまって狙い通りの内容で走れたので続けて2度目の往路へ。

ここでだいぶ疲労が出てきた私。先頭引いて後ろに下がったら小野寺選手が先頭、長目の登りに入って行くと速いペースに私は息も絶え絶え、、、小野寺選手は練習で走ったロードレースの3day熊野でプロロード選手達を千切って山岳賞を取っている程に登りが強い。やはり我慢できなくなってブチンと千切れて終了。
先程までは3%の登りを時速40キロオーバーで走っていたのに、1人になった途端に向かい風も手伝ってサイクリングペースがやっと。

今日はアスファルトでのメニューだったので実はコッソリとタイヤの空気圧を上げた。マウンテンバイクはトレイルを走る場合1.8気圧前後で走っているが、高速でアスファルトを走る場合は3.5気圧ほど入れてタイヤが潰れてのロスを減らす。今回も高圧にして走った。強い選手と同じメニューを同じ内容で行う事は「無理」。行えるのだったら同じ強さのはず。弱い選手が軽い物を使うとかロスを減らすか、強い選手が重い物を使うかロスを生み出して走り、なるべく対等に近い状態で一緒に走られるようにする事により、お互いに効果がある。相乗効果。
75キロほど走って午前の部が終了。

午後は回復走で2時間ほどアップダウンを流して終了。だった模様。だった模様と書いたのは私はランニングとスイムを行ったので。

走って食って寝るだけのシンプルな生活が続いています。