ペダリングは全身に意識を持って。

ペダリングを綺麗にする方法にも様々な方法がある。
今回はそのペダリングが上手いか下手かを自分でも第三者でも簡単に見分けられる方法を書いてみよう。
ズバリ言うと「不安定な状況で走る」。この不安定とは何も山道を走るわけでもないし、滑るような路面の上を走るわけでもない。
では、不安定な状況とはどういったものかというと、簡単にいえば「掴み所がない」って状況。
ペダリングが不安定ってのを効果的に感じられるのがマウンテンバイク、その中でもフルサスペンションと呼ばれる前後にサスペンションが付いている自転車。
理由を説明すると、下手なペダリングでは「回転運動」にはなっておらず、三角や四角のように角のあるペダリングで、その角の部分ほど力が強くて飛び抜けている。
こういったペダリングを直そうとして高回転で走ったり、集中して意識しながらペダリングをしたりして、確かにムラのないペダリングに近付いてはいくが、レース時のキツイ状態でのペダリングとなるとなかなか上手くいかない。脱力する瞬間を早めたり、踏みすぎないようにしたりと意識はしても、それが出来ているのかどうかが判らない。
パワーメーターではペダリングの左右差、力の掛っている方向までもが出るモデルがあるが、非常に高価だし、実は落とし穴もある。
落とし穴とは、前輪を下に押すような加重をしてしまったり、サドルをケツで押し付けるようなペダリングは見抜いてくれない。ただ単にペダルを綺麗に回すっていう事だけの判断で、バイク全体がロス無く進んでいるかどうかまでは計ってくれない。そこでマウンテンバイクだと、下手なペダリングをするとサスペンションがボビング(ストローク、上下動)して踏んだパワーを吸収してしまう。ペダリングではリヤ側のサスペンションがボビングし、ハンドルに寄り掛ってしまってハンドルを押す方向が違うとフロントサスペンションがボビングする。
ペダリングだけではなく、身体全体に「バイクをロス無く進ませる」っていう事を教え込む事が重要。
ペダルを踏む力が強いライダーがロードに乗れば確かにスピードは出る、同じ様なペダリングでマウンテンバイクに乗らせたらボビングしまくって大してスピードが出ない事がある。
こういった事が一瞬で判ってしまう。マウンテンバイクでロス無く進ませられるようになったら、ロードでは更にスピードが出るようになる。

今日は多くのライダーが登っている関東ではヤビツに次ぐ?知名度の大垂水峠を登った。
もちろんサスペンションをロック(動かないようにワンプッシュで固定できる)はしないで、動くままだ。時速20キロを切らないように設定して登り始め、斜度の変化がある場所でダンシングを入れる際に意識して「踏み込まない」ようにしないとリヤがボビングするし、ハンドルを握り過ぎて上半身が硬くなればフロントがボビングする。
そしてダンシングからシッティングに戻る際には、サドルへの座り方にも意識を持つ。ドスンと座るのではなく、スっとサドルにケツを置くように座る。ドスンと座るとリヤがボビングして失速する。これはロードレーサーだけ乗っていては殆ど気が付かないと思うが、体重がモロに一気に後輪に落ちて行くのでフレームもホイールもヨレてロスが生まれる。この座り方も、簡単なポイントだけ注意すればサドルにケツが吸いこまれるようにスッと落ちる。
(これ以上は有料にて)
大垂水も後半、メーターは時速22~23キロ辺りを推移。一瞬気が抜けて身体の使い方が雑になるとハンドルを引いてしまってその後の戻りでボビングしたり、ペダルを踏み込む方向が悪くてジワ~っとボビングしてしまったりと、ただワットや心拍を指標にするだけではない、更に高度な意識を持って身体全体をコントロールして走った。
9分30秒を少し切るタイムで峠を越え、下りで高回転の練習。実は高回転の方が難しい、ロードならばペダリングの踏みからズラし等の踏んでいる方向の切り替わるポイントでそれなりの脱力が出来ていればペダルは引っ掛からずに回って行くが、マウンテンバイクは小手先の誤魔化しは許してくれない。ハンドルを握り過ぎて前に突っ込んでいる状況が多い高回転では、ペダリングと合わさって前後のサスペンションがタコ踊りの様に動いてバイクは進んでいかない。重心を置く位置、そしてバイクを押さえ付けないように腰高の意識を持って回さないといけない。
実は私もまだ高回転は上手くできない。理想はトムとジェリーの足の回転、体幹が全くブレていない!

今回はたまたまフルサスペンションのマウンテンバイクで行ったが、ハードテイルのマウンテンバイクでも、クロスでも良い。実は、フルサスペンションと同じ様な効果をタイヤの空気圧をかなり下げて走る事によって体感できる。雑なペダリングではタイヤが潰れてフワフワして誤魔化しが効かない。
マウンテンバイクで不安定な状況を作り出してペダリングすればスキルが上がるって事は私が高校生の時に何となく頭に浮かんで、通学しながらアレコレと試していた。今では不安定な物の上に乗って動く事によって体幹を鍛えて、使えるようにする物が沢山ある。
バランスボールを筆頭に底がフワフワするランニングシューズまで、ありとあらゆるスポーツで不安定な上で動く事が重要と考えられており、実践されている。
この不安定な状況を自転車の上で作り出すのが上記した事。長くなりそうなのでこの辺で切り上げるが、お金を持った大人は何でもお金で解決出来て、物欲を満たせる物にすぐに走りがちだが、物理的に考えてみると周りには代用出来る物が沢山ある。
とはいっても、どんどん買って買いまくって自転車界にお金をジャブジャブ落としてもらわないと私が食っていけないので、、、、最新機器を買って下さい。

「良いフォームに良いポジションだが、下手な身体の使い方をしている」