ワクワク感


新しいスラム レッドはご覧になっただろうか?
いやはや、スラムはライダーの心を揺さぶるツボを心得ているというか、ど真ん中を直球で勝負してくるさすがスラム様アメリカ様。(RDがXTRにそっくりなのは秘密・・・)

シマノは予てより、重い、カッコ悪いってのを市場の意見を無視するかのごとく地で作り続けてきたが、現在のスポーツバイク市場は性能うんぬんももちろん大切だが、軽さとカッコ良さというものが購買意欲として占めるウエイトは計り知れない。

そこにおいてレッドの登場。
スラムは完全にシマノのワイヤー式ユーザーを奪いに来た。ある意味、黒船だ。赤だけど。所有欲という最高にして最大の決め手を手に入れたスラムは、いずれコンポといったらスラム?カンパ?あっシマノもあるか、、、と2大巨頭となってしまう日もありえそうだ。
しかし、その為には国内での価格を真っ向からワイヤー式デュラエースにぶつけるしかない。日本でスラムを扱うジャイアントジャパンが薄利になろうともスラムを、レッドを本気で普及させる!と腹を括ったら本当に多くのユーザーを獲得できるのではないだろうか。金持ち喧嘩せずが美徳とされる日本では、本気でライバルを潰すようなマーケティングをとる事が少ないが、ここは是が非でも日本のスポーツバイクの明るく健全な未来を作り出すためにもジャイアントジャパンには腹を括ってもらいたい。そしてロードコンポで窮地に陥ったシマノが過去をかなぐり捨てて新製品を開発、発表し、不死鳥の如く蘇り、安心で安全で安くて軽くてカッコ良いコンポ時代の幕開け・・・妄想は膨らむばかり。

これだけスラムを持ち上げておきながら、実はダブルタップは好きになれない。ローギアに気が付かず、更にロー側にレバーを押すと1段重くなってしまう。これは明らかにレースでは勝敗に直結するし、クロスでは登れるかどうかの坂をギリギリで登っている際に、軽くしようとレバーを押した瞬間に重くなったらもう登れません。目一杯に追い込んでいる時にデジカメみたいな半押しですでにローギアに入っているとレバーの感触で判断して、更に押し切ってシフトダウンしないようにするってのは咄嗟に出来ない場合がある、ワイヤーの引き代が大きいので手が疲れるし、チェーンはすぐに捩れるし。
個人的に、ロードコンポはこう纏まって欲しいと考えると、レバーの握りはカンパ、見た目はレッド、性能&耐久性はシマノ、となる。
マウンテンバイクだと、シフターはスラムのグリップシフト、変速系はシマノ。

久々に心ときめいたコンポの登場で、ついつい駄文を連ねてしまった。