ハンドルの持ち方


ハンドルの持ち方について語ろう。

「ハンドルなぞ握るだけだろ!」と突っ込まれそうだが、自転車というのは固定されたハンドルに、身体で一番器用な部分の手を使って操作をする。もちろん重心というものが自転車において非常に重要だが、今回はハンドルの持ち方に焦点をおいての話。

手、腕というのは何においても一番最初に動くことだろう、コケるときでも、払い除けるときでも無意識に手が動いて頭なり顔なりを守ろうとする。身体で一番器用な手、この手を意思通りに動かし制御できたら身体の動きがグっと良くなる、しかし器用が故、力みというものも手に一番現れやすい。
例を挙げるとブレーキのパニックブレーキがある、何かが目の前に飛び出して来たときに「あっ!」と思った瞬間にブレーレバーキを強く握りこんで前方一回転。「次の電柱からスプリントだ!」と言われた瞬間に気合を入れてハンドルをグっと握るこむ動作。
これ等は必要の無い動作、手が器用すぎるがゆえに一番最初に、そして強く力が入ってしまう。ブレーキなぞは女性や子供の指一本で十分に効く制動力があるし、スプリントではハンドルは押すので手を添えて軽く握っていればいいものを、目一杯に無駄な力を入れてしまう。

「わかっちゃいるが・・」というライダーも多い事だろう。
こういった手の力みを緩めるのに手先だけを緩めようと思っても、体幹から伸びている腕全体が緩まなければスプリント体制に入ったら、ものの一瞬で力みが出てくるだろう。緩め方は色々あるのでここでは言及しないが(ググって下さい)、緩めた状態でのハンドルの持ち方について説明しよう。

その場でまっすぐ立ち、自身の使用しているハンドル幅で腕が伸びきらないように前にならえ、の格好をする、次に右腕のみを下から後ろに回しに1回転させて左腕と同じ位置で止める、この時に肩の力の入り具合を覚えておく。次に右腕を下げて脱力させブランブランさせてから今度は1回転させずに左腕と同じ位置まで上げて止める、この時の肩の感じはどうだろうか?
圧倒的に後者の方がリラックスして力まず腕が上がっていると思う。僕はハンドルを「上から持つ」、「下から持つ」と言うがこの事からハンドルは下から持つ事が重要となってくる。棚の上にある物を取るときに下から力を入れずにスっと腕を伸ばすような意識。力を入れてガバっと掴みになんかいきませんよね。
他のスポーツでも、野球のイチローはバットを前に出してまっすぐ立てるお馴染みの動作では、腕を下から回して上から降り下しバットを前に出し、次に同じ様に下から回して肩が力まない位置で下からバットを握ってるし、相撲でもアメフトでも剣道でも綱引きでも下から構えるし、全部つながっています。

ハンドルを下から持つ意識は持っていても気合が入ったり、疲労してくるとどうしてもハンドルを上から持ってしまう。そういった場合には深呼吸して片手をブラ~ンとさせてハンドルを下から持ち直すようにすれば良い、僕もレースではしょっちゅう両手離しをして力みを解いている。


写真は下から持つってのをさらに発展させようとする動きを撮ったもの、違いが判りますでしょうか?
手はブラケットを握るように同じ方向に向いていますが、肘の内側部分が上を向いているか横を向いてるかの違いがあります。動かない物を掴んでいればこのように肘をクルクルと回して動かす事が出来ると思いますが、何も掴まずに手を動かさないようにして肘を回せますか?
多くの方が手も一緒に回ってしまう事でしょう。
何も掴まずに手は動かず肘だけを回転させる事が出来るようになったらハンドルの持ち方がさらに上手くなる事でしょう。
これが何故ハンドルを持つ事につながっているのかは、実は解っていません。凸凹のオフロードを走っている際にこういった意識をしてみたらアラ不思議、上半身の力みが減り、バイクが暴れにくくなったのです。

こういった小さい動きの積み重ねがトータルの動きにつながってく。
ただ頑張りゃいいってもんじゃない。