29インチの真実

29インチが大フィーバーした2011年MTB世界選手権。
XC男子の優勝者であるクルハビィは29インチのフルサスペンションに乗った。ワールドカップ総合優勝の称号も手に入れて押しも押されぬ世界の頂点に立つ男である。
そして29インチに乗り世界のサーキットを走るライダー達のバイクとは??
日本でも29インチが流行りつつあり、大手各社もフラッグシップに置く勢いで29インチは勢力を伸ばすばかり。その中で多くのライダーが迷う事の一つに「クランク長」がある。26インチでは170ミリが大半だろうが29インチの場合、日本では172、5ミリや175ミリといったようにクランク長を伸ばす方向にある。
そこで世界戦で最前線のトレンドを窺ってみた。そこで見た、聞いた答えは日本とは真逆の「クランクを短く」する事だった。
回転が上がり難くなる29インチの特性をクランクを短くして対応するという事だ。この事は現地でお話した日本が誇るS社の開発担当者も「一様に短いクランクに変えている」と裏付けが出来る答えが返ってきた。
では何故日本はクランクを長くという方向に向かってしまったのか?真実は定かではないが、僕が考えるに回転力が弱いがパワーがあり、スピードの強弱を付けない走りで一定の付加で走りやすい方向を探っての答えなんだと思う。しかしレースの世界、ましてや日本のエリートクラスや世界レベルのレースではまるでトラックのポイントレースのようにスピードの強弱があり、踏み遅れは即ちコンマの差が生じこれを繰り返す事によって大きな差になっていく。この踏み遅れを防ぎつつ29インチの走破性を存分に生かすために導き出されたのが「クランクを短く」であろう。
僕も2003年からにゲイリーフィッシャーに所属しており初期の29インチに乗って色々と試行錯誤を繰り返していた。26インチを付けてみたり、前後で29と26の異径にしてみたりとテストしまくっていた。当時に行き着いたのはロードのアルミ製トップモデルのホイールを用意し、リヤのエンド幅調整にワッシャーを入れて使っていた。クランクは伸ばさず同じ170ミリで使っていた。
そしてクルハビィのこのサドルの前下がり具合・・こればかりは想像も付かない、一体何のため??何かしらのロジックを元にこの位置で乗っているのだろうが基本というものから大きく外れても世界一だ。
世界レベルとホビーレベルで同じ様に語る事は無謀だが、基本的に僕が書くのはリアルレーサー向けでホビー向けではない。速く走る為の偏見。悔しかったら速く走ってみろ!という思想の元で書いてます。