インプレ視点

このバイクジャーナルも育ってきたのか、様々な場所で「見てます」という反響を頂くようになった。これは素直にアリガトウ!と言いたい。

僕のインプレはビギナーやオタクな甘ちゃん向けではない、プロとして走って来た経験と偏見でインプレをしており、「実際には違うじゃねーか!」って事も多々あると思う。理論や知識での武装は無いが、そんな事は百も承知で、MTBならエリートクラス、ロードなら実業団レベルで速いか遅いかを判断しているだけ。なので日本で僕のインプレが対象となる人数を数えると、同じレベルにあるライダーはMTB10人、ロード30人、トライアスロン5人ほど、その中でも僕の体型や乗り方や思考に近いとなると何人だ??非常にニッチに向けたインプレとなってしまう、それにそんなライダーが他のプロのインプレを気にするかと言えば殆ど気にしない、じゃなんでインプレするんだと言えば自己満足。これに尽きる。ビギナー向けに書いたりもするが、やはりレースという尖った部分からの偏見が入り込んでしまうので、正直に言うとビギナー向けの事なんて判らね~!です。(笑)
読みたい人が読めば良いんじゃね?なので罵詈雑言をどんなに受けようと書きたいように書く。
製品そのものを知りたいのだったら難波氏の書くインプレを読んで下さい。

突っ込み所が満載かもしれないインプレですので、どっかの会場で会った時に「あれ違うだろ!」とどんどん突っ込んできて下さい、そんなメディアと閲覧者がネット上ではなく直接語り合える事って滅多に無いので面白いなと思うのです。

※写真はいつぞやの国体での千トラ。