2年ぶり?


2年ぶり?以前はいつ出場したのかさえ遠い記憶となり曖昧になってしまっているトライアスロン。今回出場した「タテトラ」も実はこう言っては何だが代替のレースで、狙っていた5月の横浜トライアスロンが延期になってしまいその代替日がMTBレースと重なっていたために出場できなくてその時にエントリー可能だったのがこのタテトラでした。
しかし参戦するからには横浜と同じ気持ちで!と目標を優勝&2時間切りとした。本番まで順調にトレーニングをこなせていたが気が緩んだほんの一瞬に足首を酷く捻挫してしまった、トレイルランのスクール中の何てこと無い砂利道でグキっとシューズのタンが地面に付くほどの捻挫。そこから回復に予想以上に時間が掛かり、モチベーションも降下気味、、、そしてレース当日を迎えてしまった。朝から暑過ぎるほどの日差し、受付やら何やら終えてスタート時間。スイムは最前列の左端に並びダッシュで入水、750Mを2周なのだが先にスタートした女子が平泳ぎで横並びで泳いでいたりと避けながらの1周目は4位通過、2周目は腕がストライキ気味になってきたので力を緩めてマイペースに変更、沖まで出てても底まで見える舘山の綺麗な海に癒されながら6位でスイムアップ。タイムは20分50秒でトップは19分31秒、上出来だ。そしてバイクスタート、5㎞を8周回の40㎞。相変わらずスイム後のバイクはキツイの一言、まさに瀕死の呼吸だがここは踏んでいくしかないので我慢して踏むとトップが見えてきた。
2周目に入る、高低差1M程のフラットコースで幅が狭く参加人数も多いので周回を重ねるたびにコース上には選手がたくさん現れてくる。上手くかわしながらもコーナーではかなりスローダウンしてしまうのでジレンマもあったがMTBライダーよろしくコーナー中でもラインを変えてインから抜いたりインベタからアウトに変えたりと凡そトライアスリートやローディーではしないコーナリングでなるべくスピードを一定に保った。トップに立っていた事は判っていたので中盤はペースアップ、向かい風区間も40㎞/hを切らないようリラックスしてペダリングを続け残すは1周となり追い風区間では50㎞/hをマーク、このまま走り続けたいサイクリング・ハイな状態でトランジッションへ。タイムは1時間39秒でバイク終了時には2位に5分差を付けてのブッチギリ状態。シューズを履きいざランへ!
実はこの時点ですでに足首と腰は爆発寸前、しかしギャラリーが大勢いる中で醜態は晒せないので歯を食いしばって軽やかに走り出した。2、5㎞を4周回の10㎞、とりあえず行ける所まで行こうと走るが真っ直ぐすら走られない始末で「こりゃダメだ」と歩き出した。暑さと悔しさが入り混じった無機質な時間だけが過ぎて行く。今日はスイムの時からMCの白戸さんがずっと「マウンテンバイクの小笠原選手が~~」と幾度となく連呼してくれていたのに期待に応える事が出来ずにリタイア。次ぎのトライアスロンは何に出ようか・・・南の島がイイネ!